郡上八幡城(積水城)の紅葉

岐阜県内郡上市八幡街角における「郡上八幡城」。積翠城とも言われています。
こういうお城は4階層5階層建ての木造で、遠藤盛数によって永禄2年頃(1559年頃)に築城されましたが、本日建ってあるお城は昭和8年頃に再建されたものです。日本では木造再建城として最古の建物となっています。
こういう郡上八幡城では秋になると紅葉が見られ、お城と紅葉のセシーンを堪能することが出来ます。
郡上八幡城の紅葉の見ごろは、11ひと月上旬から11ひと月中旬で、岐阜県内も一大紅葉界隈となっています。
11ひと月一から、23日までは郡上八幡城下町もみじイベントが行われています。
お城といった紅葉のコラボレーションはとても外見が可愛らしく、彩られるお城はセものです。
天守閣からは城下町が一望でき、もみじの名城として知られています。お城では、11ひと月中旬から「もみじ庭」がイルミネーションされ、空想系統で素敵な紅葉を楽しむことが出来ます。紅葉とお城のイルミネーションが味わえる年月は、お決まり9季節から16時半までの販売歳月となっていますが、こういう年月だけは21季節まで楽しむことが出来ます。引退は不定休なので、事前に調べていくことをおすすめします。
また、天守閣のミッドナイト抜群開場もしているので、真っ赤に色づいた紅葉と共にシーンを堪能できます。
嬉しいら探る紅葉も素敵ですが、夜にイルミネーションされた紅葉ってお城からの展望をどうしても楽しんでほしいと思います。
岐阜県内に行った際は必ず、足を運んでみて下さい。

岐阜県内恵那市大井街角における「恵那峡」。
恵那峡は、中津川市を過ぎる木曽川中流の渓谷だ。約80年頃前に木曽川をせき止められ作られた大井ダムを通じてできた人造湖で、大正9年頃に地理サイエンティストの志賀重昴にて「恵那峡」って命名されました。
恵那峡は自然の製造と人工アイテムの融合を通じて誕生した名勝だ。
ここでは、両岸に奇岩、怪石が立ち並び、何とも言えない景色を目にすることが出来ます。
こういう迫力ある断崖絶壁に、秋になると紅葉が見ごろとなります。
恵那峡の紅葉の見ごろは11ひと月中旬から11ひと月下旬だ。
おススメは両岸の断崖絶壁の紅葉を遊覧船に乗ってゆっくりと楽しむことです。岐阜県の取り分けおススメの範疇に入るほどだ。遊覧船からは十人十色に鮮やかに飾る紅葉が青く澄んだ水面に見えるシーンは何とも言えない絶景が見られます。
岐阜での紅葉を楽しむなら、一度は遊覧船に乗ってみるのも明るいですよね。
散策したり、移動したりする紅葉もいいですが、またそれとは違うシーンになる主旨間違いなしですよね。
もみじだけでなく、ツツジやクヌギ、ケヤキなどの葉のカラーをぜひとも、堪能してみてはいかがですか?
燃えるような紅葉を眺めながら素敵な歳月を過ごしてください。
また、恵那峡にかかる「恵那峡大橋」。ここからの紅葉もお楽しみの一つだ。紅葉といった水面をとにかくじりじり見てみてください。
展望は最高です。
色んな楽しみ方がある恵那峡にぜひ一度は足を運んでみてください。http://xn--n8jtcugws727n.xyz/